女児遺体、正午から30分間に放置か

2008-09-22 アップロード · 1,000 視聴

21日、千葉県東金市で5歳の女の子が全裸で路上に倒れているのが見つかり、死亡した事件で、女の子の遺体は21日正午から30分ほどの間に現場に置かれた可能性が高いことがわかりました。

 この事件は21日午後0時半頃、東金市の公園近くの路上で、市内に住む看護師・成田多恵子さんの二女で、保育園に通う幸満ちゃん(5)が衣服を身につけていない状態であお向けに倒れているのが見つかり、その後、病院で死亡が確認されたものです。目立った外傷はありませんでした。

 また、幸満ちゃんの発見現場からおよそ100メートルほど離れた駐車場では、幸満ちゃんのものとみられる衣服などが隠されたような状態で見つかりました。

 「呼吸・脈拍がない状況だったので、すぐに抱きかかえて、心肺そせい法を開始しました」(搬送にあたった消防隊員)

 「明るくて、とてもしっかりした女の子で、お話好きな、かわいい女の子でした」(幸満ちゃんが通っていた保育所の所長は)

 警察は死体遺棄事件とみて捜査していますが、さらに目撃証言などから、幸満ちゃんは21日正午頃から午後0時半頃までのおよそ30分の間に現場に置かれた可能性が高いことが新たにわかりました。

 幸満ちゃんは21日午前中、母親が勤務する病院から友達のところに行くと言って1人で出かけましたが、母親はその後、夕方になって友達のところに行っていないことに気付いたということです。

 警察は遺体を解剖し、死因を詳しく調べるとともに、引き続き周辺の聞き込みなどの捜査を進めています。

tag·女遺,放置,千葉東金市,全裸,幸ちゃん,死遺棄事件,ニュス

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
1
全体アクセス
65,255
チャンネル会員数
66

news~

リスト形式で表示 碁盤形式で表示