牛肉の検査体制の再点検を実施へ

2008-04-25 アップロード · 148 視聴

アメリカ産牛肉にBSEの危険部位として日本が輸入を禁止しているせき柱が混入していた問題で舛添厚生労働大臣は福田総理の指示を受け、牛肉の検査体制の再点検を行う考えを示しました。

 「(首相から)少し検査官の数が足りないのではということで、人員面での強化と、検査内容について再点検するようにと」(舛添要一 厚労相)

 舛添大臣は記者会見で福田総理から指示があったことを明らかにし、検査体制の再点検を早速、実施すると表明しました。

 その上で、「検査員の増員については来年度予算になってしまう。公務員の数を一元的に減らしている中で、危機管理に関わる問題に柔軟に対応できないのは制度上の問題で、政府全体で考えるべき時にある」と指摘しました。

tag·ニュース,アメリカ,アメリカ産牛肉,牛肉,BSE

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
2
全体アクセス
301,335
チャンネル会員数
293

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示