緊急地震速報、水戸は間に合わず

2008-05-08 アップロード · 342 視聴

 気象庁は、揺れが来る前にいち早く知らせる「一般向けの緊急地震速報」を、関東地方で起きた地震では初めて発表しています。

 気象庁は午前3時半から会見を開き、今回の「一般向け緊急地震速報」は、千葉県北東部に対して最初の地震波を検知してから58秒後に発表されました。

 しかし、今回の地震でもっとも大きな揺れを観測した茨城県水戸市では、警報が出されるおよそ40秒前にすでに揺れを感じていて、警報は間に合いませんでした。

 これについて気象庁は、「今回は震源を海底とする地震で、地震のマグニチュードの予測の精度をあげることで、今後、緊急地震速報を早い段階で発表できるようにしたい」としています。

 また、この余震についてですが、気象庁では今後、1日、2日の間に震度2から3程度の余震がある可能性があるとしています。

tag·ニュース,緊急地震速報,地震,気象庁,震度

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
2
全体アクセス
301,390
チャンネル会員数
293

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示