バッグから女性遺体、死体遺棄で捜査

2008-06-02 アップロード · 499 視聴

 栃木県塩谷町を流れる鬼怒川の近くの山林から、白骨化した女性の遺体が見つかりました。警察は死体遺棄事件として捜査しています。

 1日午前10時ごろ、栃木県塩谷町を流れる鬼怒川の近くの山林で清掃活動をしていた農業の男性(60)が、道路の斜面に黒色のプラスチック製の旅行バッグが放置されているのを見つけました。バッグは斜面に捨てられた2人掛けソファの下に置かれ、粘着テープで目張りされていました。

 「マットレスがあったので持ち上げたらスーツケースが出てきた。動かそうと思ったら重かったので気味が悪かった」(発見者)
 「(何か放置されていても)目立たない。常にそういうものが捨ててあるから。警察は直感が働いたんでしょう。鑑識を呼ばないとダメだからと」(通報者)

 警察がバッグを開けて調べたところ、中から白骨化した女性の遺体が見つかりました。遺体は手足を折り曲げた状態でバッグの中に入れられ、黒っぽいカットソーに黒のスカート、キャミソールと下着を身に着けていましたが、靴は履いていませんでした。

 警察は死体遺棄事件として捜査本部を設置、遺体の身元の確認を急ぐとともに、2日、司法解剖を行い死因を調べることにしています。

tag·バック,殺人事件,ニュース,栃木県塩谷町

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
1
全体アクセス
301,303
チャンネル会員数
293

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示