パン総長、温暖化対策への取組み促す

2008-07-02 アップロード · 158 視聴

国連のパン・ギムン事務総長が1日、都内で会見し、来週開かれる洞爺湖サミットで参加国が地球温暖化対策に積極的に取り組むよう促しました。

 「洞爺湖サミットで、首脳たちが今後の温暖化対策や枠組みについてのイメージを共有できることを願う」(パン・ギムン事務総長)

 来週、北海道の洞爺湖で開かれるG8=主要国首脳会議を前に、パン事務総長はこのように述べた上で、温暖化や食料価格高騰について、「先進国が主導するべきだ。力や資源はすでにあるのだから、残るは政治的意思だけだ」と、G8各国に積極的に行動するよう促しました。

 また、北朝鮮が先週、核計画の申告書を提出した事について、「心強い。一歩前進だ」と改めて評価した上で、次のように述べました。

 「(拉致を含む)全ての問題を対話で解決する事が重要だ。それを支援するためには、国連事務総長として、どんな努力も惜しまない」(パン事務総長)

 パン事務総長は北朝鮮を訪問する予定ですが、日程はまだ決まっておらず、北朝鮮当局者と協議し、最適な時期を判断したいとしています。

tag·ニュス,主要首議

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
2
全体アクセス
301,304
チャンネル会員数
293

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示