けが人は岩手で60人、青森は53人

2008-07-24 アップロード · 235 視聴

 JNNのまとめによりますと、この地震で、これまでに129人がけがをしていて、うち17人が重傷です。その内訳ですが、岩手県が60人、青森県が53人、宮城県が11人、秋田県で2人、北海道と山形県、千葉県でそれぞれ1人となっています。

 ほとんどは割れた窓ガラスや転倒によるけがで軽傷だということですが、青森県で69歳の女性が自宅の階段から転落して骨折するなど、あわせて17人が重傷です。また、住宅など31棟が一部損壊の被害を受けています。

 鉄道への影響ですが、新幹線は線路などの点検のため、東北新幹線が仙台と八戸の間で、秋田新幹線が全線で運転を見合わせています。運転の再開は午後4時頃になるということです。

 東北新幹線は東京と仙台間でも4本が運休しましたが、午前11時半現在は概ね通常通りの運転です。

 一方、在来線では、地震発生時、青函トンネルを走行していた寝台特急「北斗星」など、あわせて3本の寝台特急が緊急停車しました。3本とも運転を再開していますが、「北斗星」は乗客200人を乗せたまま8時間にわたり停車しました。在来線では午前11時半現在も、大船渡線や八戸線など7路線で運転を見合わせています。

tag·岩手,,地震,宮城地震,秋田

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
3
全体アクセス
301,455
チャンネル会員数
293

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示