北朝鮮、東南アジア友好協力条約加盟

2008-07-25 アップロード · 889 視聴

 北朝鮮が国際社会へ参加する動きを強めています。ASEAN地域フォーラムに参加していた北朝鮮は24日、東南アジア諸国との関係を深める条約に加盟しました。

 北朝鮮のパク・ウィチュン外相が署名したTAC=東南アジア友好協力条約は、武力を行使しないことなどを原則に東南アジアの平和や地域協力を図るもので、北朝鮮はこれを足掛かりに国際社会との関係拡大に乗り出したい考えです。

 「TAC加盟は東南アジアの友人として、関係を発展させたいという意思表示です」(北朝鮮 外務省スポークスマン)

 一方、同じ日にアメリカや北朝鮮などの外相が参加して開かれたASEAN地域フォーラムでは、去年に続いて、北朝鮮に対し核問題の早期解決を求める議長声明が採択されています。

 「(Q.会議は?)とてもよかったです」(アメリカ ライス国務長官)

 「会議が成功かは、今はまだ分かりません」(アメリカ ヒル国務次官補)

 北朝鮮の国際社会への参加を歓迎する各国ですが、同時に核の放棄に向けた動きを注意深く見守っていて、北朝鮮が良き隣人として迎え入れられる日は、まだ遠そうです。

tag·北朝鮮,東南アジア,東南アジア友好協力約加盟,際社,ASEAN地域フォラム,パクウィチュン,TAC=東南アジア友好協力約,ライス務長官,ヒル務次官補,ニュス

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
2
全体アクセス
301,458
チャンネル会員数
293

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示