電線にヘビ、近鉄・鈴鹿線が一時不通

2008-09-01 アップロード · 420 視聴

 31日夜、三重県鈴鹿市の近鉄・鈴鹿線で、ヘビが電線に絡まって停電が発生し、全線8キロがおよそ4時間にわたって不通になりました。

 31日午後7時すぎ、三重県鈴鹿市の近鉄・鈴鹿線で停電が発生し、伊勢若松駅から平田町駅の全5区間で運転を見合わせました。

 線路の点検作業員らが原因を調べたところ、午後10時すぎに、伊勢若松駅から西へ2キロほど離れた電線の上にヘビが絡まっているのが見つかりました。

 ヘビは体長1メートル20センチほどの大きさで、電線5本をまたぐようにして絡まり、ショートしていました。このため作業員がヘビを撤去し、停電から4時間経った午後11時すぎに全線で運転を再開。

 近畿日本鉄道は、今後、再発防止に努めたいと話しています。

tag·ニュス,電線にヘビ,近鈴鹿線,ヘビ,事故

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
1
全体アクセス
301,459
チャンネル会員数
293

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示