成田で貨物機が着陸失敗、2人死亡

2009-03-23 アップロード · 3,623 視聴

23日午前、成田空港で貨物機が着陸に失敗し、炎上しました。この影響で滑走路の一部が閉鎖され、各航空会社は羽田や中部などに着陸させるなどの対応をとっています。

 ご覧頂いているのは、事故の瞬間の映像です。

 国土交通省によりますと、23日午前6時50分頃、成田空港のA滑走路上で、中国・広州発のフェデックスの定期貨物機が強い横風にあおられ、着陸に失敗しました。

 貨物機は仰向けの状態で、滑走路の上で炎上しました。この貨物機には、アメリカ人とみられる54歳の機長と49歳の副操縦士の2人が乗っていました。2人は病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

 この事故で、現在、A滑走路は封鎖され、日本航空など各航空会社では、A滑走路に到着予定の大型機を羽田や中部、札幌などの空港に着陸させるなどの対応をとっているということです。

 一方、事故原因ですが、成田空港周辺では22日から、風向きや風速が急激に変わる「ウインドシェア」が起きる可能性があるという警告が、気象台から出されていました。事故当時の成田空港の最大瞬間風速はおよそ20メートルだったということです。

 国土交通省の運輸安全委員会は、航空事故調査官6人を現地に派遣して、詳しい事故原因の調査を始めています。

tag·ニュス,事件,事故,成田空港,死亡

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
2
全体アクセス
301,540
チャンネル会員数
293

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示