イランのミサイル写真「合成の可能性」

2008-07-12 アップロード · 665 視聴

 アメリカの新聞、ニューヨークタイムズは、イランが9日に行ったミサイル発射実験の写真が合成され、ミサイルの数が水増しされた可能性があると報じました。

 ニューヨークタイムズによりますと、イラン革命防衛隊が9日に行ったミサイル発射実験で、実験直後にウェブサイトで公開された写真には4発のミサイルが写っていました。

 しかし、翌10日にAP通信が同じサイトから入手した写真では、右から2番目のミサイルがなく、代わりにミサイルの発射台のようなトラックが写っていて、ニューヨークタイムズは「ミサイルの数が合成によって水増しされた可能性がある」と報じています。

 フランスのAFP通信は、合成の可能性がある4発のミサイルの写真を、すでに世界のメディアに配信済でしたが、「デジタル加工された可能性がある」として10日、この写真の使用を差し止めました。

 アメリカの新聞は11日、問題の2つの写真を比較する記事を一斉に掲載していますが、これまでのところ、イランの公式な関与があったのかなど事実関係は明らかにされていません。

tag·イラン,ミサイル,ミサイル合成,アメリカ,ニュヨクタイムズ,,ミサイル射,ニュス

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
2
全体アクセス
133,547
チャンネル会員数
133