チベットの旗掲げた邦人ら取り囲まれる

2008-04-22 アップロード · 324 視聴

 北京オリンピックの聖火リレーが21日、マレーシアで行われましたが、スタート前に日本人の若い男女ら3人がチベットの旗を掲げ、中国を支持するグループに取り囲まれる騒ぎがありました。

 マレーシアの首都、クアラルンプールで行われた聖火リレーは日本時間の21日午後3時すぎに始まりました。その1時間ほど前、スタート地点の広場で日本人の若い男女がチベットの旗を広げたところ、中国を支持するグループと揉み合いになりました。

 目撃者によりますと、日本人が横断幕を掲げ、「チベットに自由を!」と叫ぶと、周りにいた中国系の支持者が、「台湾とチベットは中国のものだ!」と応酬し、小競り合いになったということです。3人は現場にいた警察官に保護されましたが、警察で事情を聞かれています。けがはないということです。

 聖火リレーは80人の走者が16キロ余りのコースを走りましたが、警察官1000人が警戒にあたり、大きな混乱はありませんでした。

tag·ニュース,チベット,中国,聖火リレー

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示