タクシー運転手殺害、19歳自衛官逮捕

2008-04-22 アップロード · 195 視聴

鹿児島県で、19歳の自衛官がタクシーの運転手を殺害したとして逮捕されました。

 調べによりますと、22日午前2時50分頃、鹿児島県姶良町の国道10号線で、土手にぶつかったタクシーの中で、運転手の神薗三郎さん(58)が血だらけになっているのが見つかりました。

 神薗さんは首を刃物で刺されていて、死亡が確認され、警察は「自分がやりました」と警察署に電話をかけてきた少年を殺人の疑いで逮捕しました。

 逮捕されたのは、東京都の練馬駐屯地に所属する19歳の陸上自衛官で、殺害を認め、「人を殺すつもりだった」と供述しているということです。

 「びっくりします。まさかこんな所で同僚がやられるとは思わないですね」「ショックです」(タクシー会社の同僚)

 少年は先月19日に自衛隊の寮を出た後、行方がわからなくなり、北海道の家族が捜索願を出していたということで、警察は犯行の詳しい経緯や動機を調べています。

tag·タクシー,殺害,事件,ニュース,運転手殺害,鹿児島県

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示