イラク安定化会議、共同宣言を採択

2008-04-23 アップロード · 88 視聴

イラクの安定を目指す国際会議が、クウェートで開かれました。隣国イランがイラクへの影響力を強めるなか、イラン封じ込めを目指すアメリカはいらだちを強めており、イラクを巡る「静かな戦い」が始まっています。

 「アラブ諸国など参加各国がイラクへの外交関係を強化する」。今回の会議ではこのような共同宣言が採択されました。この宣言の背景には、サウジなど親米アラブ諸国がイラクへの関与に消極的な一方で、イランが、イラクへの影響力を強めていることがあります。
 先月、アハマディネジャド大統領は、イラン革命以来初めて大統領としてイラクを訪問。また、サドル師率いるマハディ軍の停戦合意には、イランが仲介役を果たしたと言われており、イラクの治安にイランが大きな力を持っていることを印象づけました。

 このため、イラン封じ込めを進めたいアメリカは、「イランは武装勢力を支援している」などと非難を強める一方、親米アラブ諸国を、イラク問題により関与させようと試みているとみられているのです。

tag·ニュース,イラク,クウェート,国際会議,イラク安定化会議,共同宣言

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示