米政府、北朝鮮のシリア核協力を確信

2008-04-25 アップロード · 237 視聴

シリアの核施設建設に北朝鮮が協力していたとの疑惑について、アメリカ政府は、24日、「北朝鮮が支援していたと確信する」と初めて公式に認め、映像を公開しました。

 これが、アメリカ政府が公開したシリア東部の砂漠地帯に建設されていた施設の映像で、内部の映像から、原子炉はプルトニウムを生産する北朝鮮のヨンビョンの黒鉛減速炉と同じタイプ同じ大きさであるとしています。

 ホワイトハウスは声明を発表しで、「様々な情報から北朝鮮が建設を支援していたと確信する」「民生用ではないと信じるに足る理由がある」と疑惑を確認した上で、今後については「6か国協議の枠組みを通じて、北朝鮮が核拡散活動を行わないよう検証可能な仕組みをめざす」とだけ述べています。

 北朝鮮の核申告をめぐる米朝の協議が大詰めを迎える時期に、アメリカがこうした情報を公開したことに対し、今後、北朝鮮が反発することも予想され、6か国協議の行方に大きな影響を与えそうです。

tag·北朝鮮,核問題,アメリカ,6ヶ国協議,ニュース,核施設建設,シリア

恐れ入りますが、4月17日から5月08日までコメントの機能のみテストを実施します。ですので、一時的にコメント欄はご利用できません。ご了承ください。

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示