夫殺害・切断、三橋被告に懲役15年

2008-04-28 アップロード · 833 視聴

おととし、東京・渋谷区で妻が夫を殺害し、遺体を切断した事件で判決です。裁判は三橋歌織被告の責任能力が最大の争点となりましたが、東京地裁は責任能力を認めて、懲役15年の判決を言い渡しました。

 三橋歌織被告(33)はおととし12月、東京・渋谷区の自宅で夫の祐輔さん(当時30)をワインボトルで殴って殺害、遺体を切断したとして殺人などの罪に問われています。

 無罪を主張する弁護側だけでなく、検察側の鑑定医も歌織被告は犯行当時、心神喪失状態にあったと認めたことから、責任能力への判断が注目されていました。

 28日の判決で、東京地裁は、歌織被告には完全に責任能力があると判断しました。

 その上で、「頭部を執ように殴打して、遺体を5つに切断するなど残酷な犯行だが、夫からの暴力が続き、地獄のような結婚生活が犯行に影響したことは否定できない」として、懲役20年の求刑に対し、懲役15年の判決を言い渡しました。

tag·夫殺害,切断,三橋被告,渋谷区,殺害,事件,犯行,ニュース

恐れ入りますが、4月17日から5月08日までコメントの機能のみテストを実施します。ですので、一時的にコメント欄はご利用できません。ご了承ください。

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示