NY原油、一時120ドル台つける

2008-05-06 アップロード · 195 視聴

 原油高の流れが止まりません。ニューヨークの原油先物相場は5日、ナイジェリアで油井が爆破されたことなどから、安定供給への懸念が高まり、一時1バレル=120ドルを突破して最高値を更新しました。

 週明け5日のニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物相場は、一時、1バレル=120ドル36セントをつけ、初めて120ドルの大台を突破して最高値を更新しました。

 アフリカの産油国、ナイジェリアで武装勢力が油井を爆破し、石油会社が一部で供給を停止したため、安定供給への懸念が高まり、終値ベースでも最高値を更新しました。

 「(原油高は)ずっと続いている問題。解決するために時間がかかる」(ブッシュ大統領)

 ブッシュ大統領はこのように述べ、原油の高騰に警戒感を示しました。

 原油相場は、年明けすぐに1バレル=100ドルを突破してから4ヶ月で20ドル上昇。全米のガソリン小売価格は6週連続で最高値を更新中で、夏の旅行シーズンを前に、大統領選挙の候補者からはガソリンにかかる連邦税を一時止めるなど、政府の対応を求める声が強まっています。

tag·原油,NY原油,原油高,ニューヨーク,ブッシュ,ニュース

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示