舞鶴女子高生殺害、川でジーンズ発見

2008-05-13 アップロード · 409 視聴

 京都府舞鶴市で高校1年の女子生徒が殺害された事件で、現場付近の川の中から女子生徒のものとみられるジーンズが見つかり、警察が特定を急いでいます。

 10日午後1時から、京都府舞鶴市の葬儀場で小杉美穂さん(15)の告別式が営まれました。式には親族など35人が参列し、美穂さんのめい福を祈りました。

 警察のその後の調べで、美穂さんの自宅近くのガソリンスタンドの防犯カメラに、現場方向に向かって歩く人の姿が映っていることがわかりました。この映像は、美穂さんが家を出た時間帯とみられる6日午後11時55分ごろのもので、警察が解析を進めています。

 「ジーパン、紺色が発見された。ズボンには穴が開いている」(京都府警 樋口文和 課長)

 また、遺体発見現場の前を流れる川の中から、美穂さんものとみられる濃紺のジーンズが見つかりました。ジーンズの左腰の部分とその下のポケットの2ヶ所に1、2センチのすれたような傷跡があったほか、すでに見つかっていたノースリーブのパーカーにも引っかけたような穴が開いていました。

 警察は、ジーンズが美穂さんのものかどうか確認を急ぐとともに、美穂さんが殺害される前にどこかで押し倒された可能性もあるとみて、失踪後の足取りを調べています。

tag·殺害,女子高生殺害,京都府舞鶴市,死因,小杉美穂,事件,殺害事件,ニュース,ジーンズ,舞鶴

恐れ入りますが、4月17日から5月08日までコメントの機能のみテストを実施します。ですので、一時的にコメント欄はご利用できません。ご了承ください。

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示