モスクワに「氷の美術館」オープン

2008-05-30 アップロード · 177 視聴

 初夏を迎えたロシア首都モスクワに、季節に関係なく「1年中オープン」という世界初の氷の美術館が誕生しました。

 室温マイナス9度、モスクワの真冬のような冷気の中に幻想的な世界が広がります。飾られている彫刻はおよそ50点、12人の彫刻家が3ヶ月をかけて製作しました。

 「このギャラリーは、氷と氷で作られた彫刻に潜んでいるポジティブなエネルギーを表現しています」(氷の美術館 ミハイル・ムハ館長)

 使った氷は90トン。コンピューターに制御された色とりどりのライトに照らされる彫刻は、ロシアのおとぎ話の主人公たちです。入場料は一人およそ1600円とちょっと高めですが・・・。

 「信じられないくらいきれいです。おとぎ話のように魅惑的で、子どものころに戻ったような気持ちになりました」(お客さん)

 マイナスの世界にきらめく彫刻たち。溶けることはありませんが、半年ほどで曇りが出てくるため、新しい彫刻と入れ替えるといいます。氷で形作られた幻想の世界、この夏、モスクワの新しい名所となるのでしょうか。

tag·モスクワ,氷の美術館,ロシア,彫刻

恐れ入りますが、4月17日から5月08日までコメントの機能のみテストを実施します。ですので、一時的にコメント欄はご利用できません。ご了承ください。

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示