震災ダム下流に「放射性物質99個」

2008-05-30 アップロード · 326 視聴

 中国・四川省の大地震で決壊の危険性が高まっている、いわゆる「震災ダム」の下流域に99個の放射性物質があることが分かりました。

 これは、中国の夕刊紙「法制晩報」が環境保護省の担当者の話として伝えたものです。

 それによりますと、放射性物質は北川県にある最も大きい「唐家山・震災ダム」の下流域の12の機関にあり、すでに10個は回収済みだということです。

 また、これらの放射性物質のうち、6割は回収に大型クレーンが必要ですが、30日の夜までに99個すべてを回収できるとしています。

 また、「唐家山」を含めた4つの「震災ダム」の下流域に、およそ5000トンの危険な化学物質があることも分かり、安全な場所に移送する作業を急いでいます。

tag·四川省,中国,大地震,震災ダム,放射性物質,ニュース

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示