シャトル、宇宙ステーションにドッキング

2008-06-03 アップロード · 449 視聴

 星出彰彦宇宙飛行士らを乗せたスペースシャトル「ディスカバリー」が日本時間の3日未明、国際宇宙ステーションとのドッキングに成功しました。

 飛行3日目となる「ディスカバリー」は、地上およそ400キロ上空で国際宇宙ステーションに接近し、機体をドッキングさせました。

 この後、「ディスカバリー」の扉が開き、乗組員が入室。宇宙ステーションに滞在する飛行士らの歓迎を受け、星出さんも抱き合って喜び、対面の様子をカメラに収める場面も見られました。

 このドッキングで、「ディスカバリー」に積まれていた日本の実験棟「きぼう」の船内実験室が宇宙ステーションに無事届けられたことになります。

 星出飛行士は、いよいよ4日、今回の最大の任務である船内実験室の取り付けを、日本人としては初めて宇宙ステーションのロボットアームを使って行います。

tag·ニュース,ドッキング,ディスカバリー,宇宙ステーション,スペースシャトル

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示