駒の湯で新たに1遺体、死者11人

2008-06-19 アップロード · 918 視聴

岩手・宮城内陸地震で18日の夕方、土石流に押し流された宮城県栗原市の駒の湯温泉の捜索現場から、新たに1人の遺体が見つかりました。

 18日午後5時過ぎ、宮城県栗原市の駒の湯温泉の捜索現場で、新たに1人が遺体で見つかりました。発見されたのは旅館従業員の安藤みい子さん(75)です。
 一方、これまで、あまり情報が出てこなかった行方不明者の親族が現地の対策本部を訪れ、自衛隊に説明を求めました。
 「報道では土砂崩れと旅館の救出しか、全然、報道されていないものですから、本当に捜索してくれているのかと」(行方不明者の親族)
 捜しているのは白糸の滝付近で行方不明になっている老夫婦だということです。付近の駐車場には老夫婦が乗っていたと見られる車が残されていました。
 「(車の)写真を見せられて、これで本当に絶望的です。ちゃんと捜索して頂いていたし、自分に納得もつけることができる」(行方不明者の親族)
 気象庁の予報では、19日昼から被災地に雨が降り、そのまま梅雨入りする可能性があるといいます。住民の不安は募るばかりです。
 今回の地震ではあわせて11人が死亡、未だ11人が行方不明になっています。

tag·死亡,行方不明,岩手,宮城,地震,ニュース

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示