台風、比で客船沈没し800人以上不明

2008-06-23 アップロード · 604 視聴

 フィリピン各地で台風の被害が出ています。客船が沈没し、乗客乗員800人以上が行方不明になっているほか、土砂崩れや浸水などで少なくとも155人が死亡しました。

 強い台風6号は20日から21日にかけてフィリピン中部や南部を通過。22日朝には、マニラ首都圏を直撃しました。各地で洪水や土砂崩れが発生し、これまでに155人の死亡が確認されています。

 また、首都マニラから中部・セブに向かっていた乗客乗員およそ845人が乗った客船が21日、シブヤン島沖で座礁・転覆しました。

 現地当局者によりますと、これまでに10人が救出されましたが、6人の遺体が見つかったほか、客船からと見られる救命胴衣などが複数打ち上げられているということです。

 乗っていた800人以上の捜索活動は日の出とともに再開される予定ですが、被害の拡大が懸念されています。

tag·ニュース,フィリピン,被害,客船,沈没,乗客乗員,台風,洪水,土砂崩れ

恐れ入りますが、4月17日から5月08日までコメントの機能のみテストを実施します。ですので、一時的にコメント欄はご利用できません。ご了承ください。

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

vnock
2008.06.23 18:35共感(0)  |  お届け
このニュースでは転覆した船の写真を初めて見ました。只残念なのは、日本語のタイトルがヘン?「乗せられた」ではなく「乗った」が正しい日本語だと思うのですが・・・?삭제

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示