逮捕の少年、女子生徒とトラブル

2008-07-17 アップロード · 746 視聴

 東名高速で起きたバスジャック事件。14歳の少年の犯行に、地元の山口県宇部市では動揺が広がっています。

 「まことに申し訳なく思っております」(宇部市教委、前田松敬 教育長)

 宇部市教育委員会は16日夜、会見を開き、少年と同級生の女子生徒との間でトラブルがあり、女子生徒の親が学校に相談していたことを明らかにしました。

 そして、学校が少年の親にこのことを伝えたのがきっかけになって、少年は14日の夜に親といさかいになり、家出をしたものとみられています。親は警察に捜索願を出していました。

 「結構目立ちたがりやというか、きれたら止められない。きれたら何するかわからない」(同級生の女子生徒)

 少年は、現金およそ8万円とボストンバッグを持って、家を出たということです。

 小学校の卒業文集で「夢はお客さんの命を安全に運ぶパイロット」と書いていた少年。学校では17日朝、校長が校内放送で事件について説明することにしています。

tag·東名高速,バスジャック事件,少年犯行,逮捕,バスっ取り事件

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示