教諭刺した少年「仕返しがしたかった」

2008-07-30 アップロード · 717 視聴

 愛知県知立市の中学校で卒業生の18歳の少年が男性教諭を刃物で刺して逮捕された事件で、少年が調べに対し、「先生にいじめられたから、仕返しがしたかった」と話していることが分かりました。

 事件があったのは知立市広見の知立中学校で、29日午後1時半ごろ、教師の神谷佳久さん(34)が校舎2階の教室で吹奏楽部の生徒の指導にあたっていたところ、ナイフを持った男が突然教室に入ってきて、神谷さんを刺しました。

 神谷さんは胸2か所や背中などを刺され、全治1か月の重傷です。教室には当時、吹奏楽部の生徒およそ50人がいましたが、けがはありませんでした。

 「後ろから急に来て、先生が刺された」
 「(Q.先生しか狙ってなかった?)私たちには『何もしないから』と手を振って笑ってきた」
 「先生もびっくりしていて、楽器を投げて自分の身を守ろうとしていたけど」(目撃した生徒)

 刺したのはこの学校の卒業生の18歳の少年で、グラウンドで座り込んでいるところを警察官に殺人未遂の現行犯で逮捕されました。

 被害にあった神谷さんは、少年が2年生の時の担任でした。

 「(少年は)中学2年生の時に神谷先生とトラブルを起こした」
 「宿題を出した時に(神谷先生に)『字が下手』と言われてキレた」(少年の同級生)

 調べに対して、少年は「先生にいじめられたから仕返しがしたかった」などと話していて、警察がさらに詳しい動機を追及しています。

tag·ニュス,,愛知知立市,刃物,先生,ナイフ,神谷佳久,いじめ

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示