パキスタンで連続自爆テロ、59人死亡

2008-08-22 アップロード · 1,359 視聴

 パキスタンの首都イスラマバード郊外の兵器工場の入り口で、2件の自爆テロが相次いで発生し、これまでに少なくとも59人が死亡しました。

 自爆テロは、首都イスラマバード近郊ワーにある国営の兵器工場の入り口で起こりました。

 施設を出入りする従業員らを狙って2つのゲートで、それぞれ自爆したと見られ、これまでに少なくとも59人が死亡、70人以上が負傷した模様です。

 この2つの自爆テロに関しては、イスラム原理主義勢力・タリバンと関係のあるパキスタンのグループが犯行声明を出しています。

 このグル-プは、ムシャラフ前大統領が辞任した19日にもパキスタン中部で自爆テロを起こし、およそ30人が死亡していて、ムシャラフ氏退陣後の混乱した状況に、さらに揺さぶりをかける狙いも指摘されています。

tag·ニュス,パキスタン,連自爆テロ,59人死亡,イスラマバド,兵器工場,自爆テロ,イスラム

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示