中国、省エネで五輪をテレビ集団観戦

2008-08-22 アップロード · 383 視聴

 連日、熱戦が続く北京オリンピック。北京市民の間では、こんなオリンピックの楽しみ方が広まりつつあります。

 北京市郊外の住宅地にありますこちらの集会所なんですが、およそ50人の住民が集まり、選手たちに熱い声援を送っています。すでにテレビの普及率が100パーセントを越えている中国で、1つのテレビを囲むのは珍しいことです。

 政府の省エネ通達を受けて、住民たちが動き出したのです。1か所で見れば、テレビや冷房に使う電気が節約できるというわけです。

 「省エネになるし、みんなと一緒に見る雰囲気を味わいに来ました」

 平均的な家庭の1か月の電気代は2500円ほどです。料金は、事前に購入したプリペイドカードをメーターに差し込んで支払いますが、観戦に熱中するあまり、カードの補充を忘れる人もいて、電力会社が24時間で対応しています。

 個人の家でも近くに住む人たちが集まってテレビを観戦することが多くなっています。

 「自宅の電気は消してきました。明日はみんなが私の部屋に来て、観戦します」

 電力不足が懸念される中、北京の熱い夜はまだしばらく続きます。

tag·ニュス,省エネ,,テレビ集,,北京オリンピック,オリンピックのしみ方,テレビ,電代

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示