岡崎市で1人死亡、全域に避難勧告

2008-08-29 アップロード · 351 視聴

 東海地方は昨夜から、局地的に1時間あたり100ミリを超える猛烈な雨に襲われました。岡崎市で1人が死亡、きょういっぱい警戒が必要です。

 愛知県岡崎市では、午前2時までの1時間の雨量が146ミリに達し、観測記録を更新しました。

 岡崎市は市内を流れる鹿乗川など6つの川が氾濫するなどし、警察によりますと、行方不明になっていた女性1人が水没した住宅から遺体で発見されました。また、少なくとも42棟が床上浸水となるなど被害が出て、市内全域のおよそ14万世帯に避難勧告が出されました。

 このほか、名古屋市など東海地方各地で、記録的な大雨が観測されました。

 愛知県ではこれまでに、428棟が床上浸水するなどの被害が出ています。

 気象台などによりますと、前線の動きが遅く、発達した雨雲が南から東海地方の上空に次々に流れ込んでいて、今後も大雨に対する警戒が必要です。

 午前7時現在、愛知県の全域に大雨・洪水警報、岐阜県東濃と中濃、三重県北部に大雨警報が出ています。

 東海地方はきょういっぱいは多いところで200ミリに達する大雨になる恐れがあり、引き続き警戒が必要です。

tag·ニュス,岡崎市,死亡,避難告,豪雨,,自然災害

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示