大阪市の雑居ビルで火災、15人死亡

2008-10-01 アップロード · 944 視聴

 1日未明、大阪・ミナミの雑居ビルで火災が発生し、個室ビデオ店の客15人が死亡しました。

 「煙のにおいを感じて(部屋から)出たら、廊下の電気が全部落ちてて、真っ暗な状態の中で煙が充満していることは分かったので、そのまま出ました」(店にいた人)

 午前3時頃、大阪市浪速区にある雑居ビルの1階の個室ビデオ店「ビデオ・DVDキャッツ」で「火が出ている」と従業員から119番通報がありました。

 消防によりますと、火はおよそ1時間半後にほぼ消し止められ、37平方メートルが燃え、店にいた男性客15人が死亡しました。さらに男性9人、女性1人の合わせて10人が負傷し、うち3人が重傷ということです。

 店には32の個室があって、当時、店には客26人と店員3人がいたということです。店にいた店長は「個室の1つから煙があがった」と話しているということで、犠牲者の死因は一酸化炭素中毒などとみられています。

 「煙は見たけど、炎は何も出てなかったですね」
 「入口は2方向で、その両方から出てましたね」(目撃した人)

 現場は、大阪・ミナミの商業施設「なんばパークス」のすぐわきの雑居ビルで、警察と消防が出火の詳しい原因を調べています。

tag·大阪市,居ビル,火災,死亡,ニュス,事故

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示