北朝鮮、黄海で短距離ミサイル発射

2008-10-08 アップロード · 1,730 視聴

 北朝鮮は7日、朝鮮半島の西側の黄海に向けて短距離ミサイルを発射しました。韓国周辺の海域で、日本やアメリカなど13か国による「国際観艦式」が行われており、これをけん制する意味合いもあると見られます。

 韓国の国防省高官によりますと、北朝鮮軍は7日午後、朝鮮半島西側の黄海で、短距離ミサイル2発を発射しました。

 これは、旧ソ連製「イリューシン」を改良した戦闘機から発射されたもので、射程距離46キロメートルの空対艦ミサイル「スティックス」だということです。

 韓国では今週、プサンを拠点に、アメリカの原子力空母「ジョージワシントン」など、13か国から艦船50隻が参加し、海上での軍事パレードに当たる「国際観艦式」が行われています。ミサイル発射はこれをけん制する意味合いがあると見られています。

tag·ニュス,北朝鮮,短距離ミサイル,ミサイル射,防省高官,,スティックス,プサン,政治,外交

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示