「おくりびと」、オスカー獲得なるか

2009-02-23 アップロード · 3,294 視聴

 映画の祭典、アメリカ・アカデミー賞の授賞式がまもなくロサンゼルスで開かれます。外国語映画賞に候補入りした「おくりびと」が、日本映画として初のオスカー獲得となるかどうかに注目が集まります。

 授賞式には「おくりびと」から本木雅弘さんと広末涼子さん、余貴美子さんらが出席する予定で、まもなくレッドカーペットを歩いて会場入りします。

 外国語映画賞の候補は「おくりびと」のほか、イスラエル、フランス、ドイツ、オーストリアの4作品です。

 日本映画が外国語映画賞に候補入りするのは、「たそがれ清兵衛」以来5年ぶり12作品目ですが、これまでにオスカー獲得はありません。

 日本独特の納棺の儀式を描きながら死という普遍的なテーマを扱った作品が、アカデミーの会員の眼にはどう映ったのでしょうか。初の栄冠に輝くかどうか注目されます。

 また、作品賞ではゴールデングローブ4冠の「スラムドッグ$ミリオネア」が有力とされる一方、最多13部門でノミネートされた「ベンジャミン・バトン」にも期待が寄せられています。

 このほか、加藤久仁生監督の「つみきのいえ」も短編アニメ部門の候補に選ばれています。

 注目の授賞式は、日本時間午前10時半から行なわれます。

tag·おくりびと,,オスカ,余貴美子,末子,「ベンジャミンバトン

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
motomayu
2009.04.24 13:49共感(0)  |  お届け
共有させていただきます삭제
今日のアクセス
2
全体アクセス
221,378
チャンネル会員数
279

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示