米居住の女性死亡、韓国では2次感染

2009-05-06 アップロード · 1,610 視聴

アメリカのテキサス州に住む女性が、新型インフルエンザにより死亡したことが明らかになりました。アメリカに居住する人の死亡が確認されたのは、これが初めてです。

 テキサス州の保健当局は、5日、テキサス州内のメキシコ国境近くの町に住む30代の女性が、今週初めに新型インフルエンザにより死亡したことを明らかにしました。

 女性の国籍は、明らかにされていませんが、アメリカに居住する人の感染が確認されたのは、これが初めてです。

 また、中米グアテマラで5日、初めての感染例が確認されました。保健省によりますと、感染が確認されたのは、メキシコ旅行から帰った11歳の少女だということです。

 一方、韓国では、最初に感染したメキシコ帰りの51歳の女性を空港に迎えに行った44歳の女性が、感染していることが確認されました。アジアで、ヒトからヒトへの感染が確認されたのは、これが初めてです。

 新型インフルエンザは、メキシコやアメリカで感染者数がさらに増え、これまでに22の国と地域で、1590人を超えています。このうち、メキシコで26人、アメリカで2人の合わせて28人の死者が確認されています。

tag·新型インフルエンザ,メキシコ,インフルエンザ,ニュス

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
11
全体アクセス
221,663
チャンネル会員数
279

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示