コンビニに刃物男、店員2人首切られる

2008-07-11 アップロード · 260 視聴

 10日夜、大阪市内の繁華街にあるコンビニエンスストアで、男が店員2人の首をカッターナイフで切りつけ、逃走しました。警察は強盗致傷の疑いで男の行方を追っています。

 10日午後11時半過ぎ、大阪市北区曽根崎のコンビニエンスストアで店員が刺されていると客から警察に通報があり、警察が駆けつけると、男性(21)と女性(27)の店員が首から血を流して倒れていました。

 調べによりますと、男性店員が商品の入れ替えをしていたところ、40歳くらいの男がいきなり後ろからカッターナイフで首を切りつけ、さらに、レジカウンターの中にいた女性店員にも切りつけました。

 男はレジの周りを物色した後、カッターナイフを店内のゴミ箱に捨て、逃げたということです。

 「(店内で)男の人と店員が走り回っている感じ。レジのところで女性店員を刺して、レジをあさって走って店の外に逃げた。(犯人の)髪型は長めで、何も手入れせず、ぼさぼさな感じ」(目撃者)

 男性店員は重傷、女性店員は軽傷で、店内にいた客にけがはありませんでした。警察は強盗致傷の疑いで男の行方を追っています。

tag·コンビニ,刃物男,大阪市,コンビニエンスストア,カッタナイフ,致傷,ニュス,事件

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
3
全体アクセス
108,662
チャンネル会員数
87