イラクで女による自爆テロ3件相次ぐ

2008-07-29 アップロード · 508 視聴

 イラクの首都・バグダッドで28日、爆発が3件相次ぎ、少なくとも28人が死亡、100人近くがけがをしました。いずれの爆発も、女による自爆テロとみられています。

 爆発が相次いだのはバグダッドの中心部で、3か所の現場であわせて28人が死亡、92人がけがをしました。イラクの警察当局は、いずれの爆発も女による自爆テロとみて捜査しています。

 女性に対するセキュリティーチェックは男性に比べて緩いことから、国際テロ組織アルカイダなどは女を自爆させるテロをイラクで多用しています。

 そのためイラクの警察は、女性に対するチェックを強化するため、今週新たに女性警備員200人を増員したばかりでした。

 今回のテロについて犯行声明などは出ていませんが、現場近くのモスクではイスラム教シーア派の宗教行事が行われていて、シーア派の巡礼者を狙ったテロとみられています。

tag·ニュス,イラク,自爆テロ,,女による自爆テロ,バグダッド,死亡,セキュリティチェック

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
1
全体アクセス
108,575
チャンネル会員数
87