米の竹島「主権未定」表記に韓国反発

2008-07-29 アップロード · 147 視聴

 日本と韓国が領有権をめぐって対立する竹島について、アメリカ政府機関のウェブサイトが「主権未定」と表記したことについて、韓国政府が反発し、アメリカ政府は説明に追われています。

 アメリカ政府の「地名委員会」は、竹島について、1977年以来、中立的な呼び名として「リアンクル・ロックス」を使用してきました。

 しかし、ウェブサイト上には、先週まで領有権が「韓国」と記されていたということで、これが突然、「主権未定」と変更されたことで、韓国政府が反発しているものです。

 なぜ領有権が韓国と表記されていたかについて、アメリカ地質調査所は調査中だとしており、国務省は、中立を守る政府の方針とウェブサイトの記述が矛盾していたために直したと説明しています。

tag·リアンクルロックス

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
3
全体アクセス
108,814
チャンネル会員数
87