北京の老舗店で「オリンピックメニュー」

2008-08-05 アップロード · 321 視聴

 オリンピックの開幕まで、あと3日。地方で警察を狙った爆発事件が起きるなか、北京の老舗の店では「オリンピックメニュー」が店頭に並ぶという対象的な情景となっています。

 創業144年の歴史を持つ北京ダックで有名なこの店では、今年の1月から、オリンピック競技にちなんだメニューを取り入れてきました。

 ヨットをかたどったものやバレーボールをあしらったお菓子など、毎日およそ20種類のメニューが店頭を飾っています。

 すべてがメニューに載っているわけではありませんが、注文は出来るようになっていて、ちなみに聖火をあしらったえびは60元、日本円にしておよそ1000円です。それぞれのメニューの制作には、2か月から3か月かけてきたということです。

 およそ80店舗近くある支店の中で、オリンピックメニューがあるのはこの店だけですが、北京ダックを目当てに来る人たちがほとんどで、店の人によれば、残念ながらそれほど注文は入っていないということです。

tag·ニュス,オリンピック開幕,爆事件,北京,オリンピックメニュ

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
1
全体アクセス
108,850
チャンネル会員数
87