ロシア軍、グルジア西部を越境攻撃

2008-08-12 アップロード · 1,445 視聴

 グルジアからの分離・独立を目指す南オセチア自治州をめぐるロシアとグルジアの戦闘は、ロシア軍がグルジア西部の都市に越境攻撃を行い、戦火はなお拡大しています。

 ロシア軍は11日、グルジア側が「大規模な反撃を試みている」として、初めてグルジア領のセナキに越境攻撃を開始したことを明らかにしました。

 一方、グルジア軍も州都ツヒンバリなどに空爆や砲撃を再開し、両軍は大規模な戦闘状態に陥っています。

 グルジアのサカシビリ大統領は11日、EU議長国のフランスの調停を受け入れ、一方的な停戦に応じる文書に署名しましたが、ロシアは「グルジアが攻撃を続けている以上、停戦協議に応じることは出来ない」として、即時停戦を拒む姿勢をみせています。

 こうした中、12日にはフランスのサルコジ大統領がモスクワを訪れ、メドベージェフ大統領と和平について話し合う予定ですが、協議の行方は予断を許さないものになっています。

tag·ニュス,ロシア軍,グルジア西部,越境攻,南オセチア自治州,,

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
うるとらまんたろうdesu
2008.08.13 11:15共感(0)  |  お届け
戦争根絶はできないのか?残念だ。삭제
今日のアクセス
8
全体アクセス
145,679
チャンネル会員数
117

ニュース

リスト形式で表示 碁盤形式で表示