最後の授業 ランディ・パウシュ 授業1

2008-09-14 アップロード · 582 視聴

全米中で大きな話題!!~温かい涙、割れんばかりの拍手~その講義が全米中を感動で包み込んだ

【最後の授業について】
2007年9月18日、ペンシルベニア州ピッツバーグ。この地に本拠を置くカーネギーメロン大学の講堂で、1人の教授が「最後の授業」を行った。
教授の名前はランディ・パウシュ、46歳。バーチャルリアリティの第一人者と称される人物だ。
最後の授業をするにはまだ若すぎるパウシュだが、彼にはこのとき、長年親しんだ大学に別れを告げざるをえない事情があった。膵臓から肝臓へと転移したガン細胞。医師から告げられた命の刻限は――「あと3カ月から半年」。
パウシュにとっての最後の授業。スクリーンに映し出された演題は「子供のころからの夢を本当に実現するために」。それは、まだ幼い3人のわが子に遺すためのメッセージでもあった。

最後の授業を終えたパウシュを迎えたのは、講堂を埋めつくした400人の聴衆の、割れんばかりの拍手とスタンディングオベーションだった。複数のテレビ番組がこの授業について報じ、全米で2500万人以上がパウシュの姿を目にした。授業の模様はインターネットで動画配信され、またたく間に600万ものアクセス数を獲得した。


2008年09月11日 04時53分05秒永眠

tag·最後の授業ランディパウシュ,最後の授業,ランディパウシュ

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
133
全体アクセス
2,569,059
チャンネル会員数
32,261