【Case12】 「ペテン師」

2008-10-22 アップロード · 1,447 視聴

出演:田畑智子 他

リサイクルショップを経営している24歳の浅沼千代(田畑智子)の裏の顔は、相棒の錠前師・田辺和美(松山まみ)と組むプロの詐欺師。その千代の店に、浮気をした夫に仕返しをすると言う一人の女が高そうな壺を抱えて現れ、叩き売りたいと告げる。千代は、その言葉に従って、すぐさま壺を10万円で買い入れた。
  その夜、女の夫・篠崎(畠中 洋)が血相を変えて店に現われ、壺を買い戻したいと告げた。千代が巧みに提示した400万円という買い戻し額をあっさり飲んだ篠崎は、後日壺を取りに来る、と言い残して帰る。壺がワケアリだとにらんで調べた千代は、裏に貼り付けてある小さな鍵を発見。篠崎がこの鍵のため、400万円も払う気になったと気付いた。
  そんな中、千代は、篠崎が付けていたバッジが死んだ自分の父親・正弘(笹野高史)のものと同じだったことを思い出した。実は、宝石加工の職人だった正弘は、千代が高校生だった頃、盗品と知りつつ宝石を加工して横流しし、これが発覚して海岸の絶壁から投身自殺していた。正弘が残してくれたものは、詐欺グループのものらしい例のバッジと、大きな宝石が付いた指輪だけ。正弘がボスの身代わりになったと刑事に言われていた千代は、結局、死体と対面出来ないまま、ずっとその組織のことを恨み続けていたのだ。
  壺を取り戻した篠崎は、裏に鍵がないと気付き、大慌てで千代に店に駆け込んできた。これを見て、和美を錠前師として篠崎に紹介する千代。話によると、篠崎は、金庫の中の品物を30分後に第3埠頭の倉庫に届けなければいけないらしい。
  やがて、金庫の中にあった盗品らしき宝石を全て頂いた千代らは、問題の倉庫へと急いだ。千代の目的は、父・正弘の復讐をすること。倉庫の前に立った千代は、宝石を手にし、組織のボスが出てくるよう叫ぶが、スキを突かれて捕まってしまう。だが、千代は、目の前に現れたボス姿を見て唖然とする・・・。

tag·【Case12】 「ペテン師」 ,オムニバスドラマ

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
103
全体アクセス
2,582,822
チャンネル会員数
32,270

 オムニバスドラマ

リスト形式で表示 碁盤形式で表示

22:41

공유하기
【Case13】 「四十九日」
8年前 · 1,588 視聴

22:56

공유하기
【Case11】 「仲介人」
8年前 · 1,399 視聴

22:56

공유하기
【Case10】 「ドンジー」
8年前 · 993 視聴

22:56

공유하기
【Case9】 「声男」
8年前 · 1,043 視聴

22:56

공유하기
【Case8】 「出ない女」
8年前 · 3,466 視聴

22:56

공유하기
Case7 「ビビる男」
8年前 · 2,943 視聴

22:56

공유하기
Case6 「侵入」
8年前 · 1,743 視聴

22:56

공유하기
Case5 「同窓会」
8年前 · 1,761 視聴

22:56

공유하기
Case4 「お母さん」
8年前 · 3,141 視聴

22:56

공유하기
Case3 箱男
8年前 · 7,233 視聴

22:56

공유하기
Case 2 【私がやりました】
8年前 · 2,458 視聴

22:56

공유하기
Case1 【天使と悪魔】
8年前 · 3,824 視聴