韓国違法漁具を回収

2008-08-10 アップロード · 66 視聴

2008/08/09
韓国漁船が、日本の排他的経済水域に設置した、違法漁具の回収を、兵庫県但馬漁協が、10年前から毎年行っている。

これらの違法漁具は、そのまま放置しておくと、「ゴーストフィッシング(幽霊漁業)」という現象を引き起こし、魚が捕獲されることなく際限なく仕掛け網に掛かり、水産資源の枯渇化を招く許し難い違法行為だ。

------------------------------------------------------------------------------------------------
http://www.nnn.co.jp/news/080810/20080810010.html
「韓国といたちごっこ」 大量の違法漁具、香住

 日本海の水産資源保護のため、山口県沖で韓国の違法漁具の回収を行っていた兵庫県但馬漁協香住本所所属の漁船5隻が9日、香美町香住区若松の香住漁港西港に帰港した。回収した大量の漁具を前に、漁船員らは「一向になくならない。韓国漁船とのいたちごっこだ」と憤りをあらわにした。

 日本側が底引き網漁を休漁している六-八月にかけて、日本の排他的経済水域(EEZ)で韓国漁船が違法に漁具を設置するケースが頻発。このため水産庁から事業委託を受けた全国底引網漁業連合会が主体となり、毎年この時期に撤去作業に乗り出している。

 今回は香住漁港を二日朝に出発し、山口県沖水深約百八十-三百五十メートルの日本海で作業を実施した。帰港した漁船からはバイかごや刺し網、ロープなどが次々と陸揚げされ、乗組員らが横付けしたトラックの荷台へと積み込んでいった。

 共進丸(九五トン、十人乗り込み)の福本吉彦船長(47)によると、回収した漁具には、カニやバイ、エビなどがかかっていたという。但馬漁協の吉岡修一組合長は「いつまでこのような仕事を続けなければならないのか。何年たてば断ち切れるのか。漁具が設置され、漁場が狭くなっている」と強い口調で話していた。

tag·違法,ゴストフィッシング,違法漁具,排他的水域

非会員の場合は、名前/パスワードを入力してください。

書き込む
今日のアクセス
1
全体アクセス
159
チャンネル会員数
0

マイプログラム

リスト形式で表示 碁盤形式で表示